いやいや期真っ只中

シェアする

イヤイヤ
スポンサーリンク

2歳児のイヤイヤ期に悩まされています。

1歳10ヶ月頃から始まったイヤイヤ期、2歳になり更にひどくなりました。

まず朝起きた瞬間から不機嫌です。

今までは、ご機嫌に起きてくれてたのに理由もなくイライラしています。

そんな中朝食をとることに。

基本的にはイヤイヤ期に付き合って行こうという考えでしたので朝食も本人の好きなごはん、パン、おかず全て用意して本人に何を食べるのかを決めさせていました。

なのにパン?と聞くと『ごはん』、ごはん?と聞くと『パン』と答えます。

最初の頃は、揚げ足を取られているように感じ、きぃ〜!となる事もありました。

着替えの時でも特にこだわりないのに何かと私が選んだ洋服以外を着たがります。

靴も必ず選んだ方を履くといいますし、コートも違うのものを着るといいます。

最初はきぃ〜となりながらも全部受け入れていました。

なので出かける時でも実際に家を出るまで30分以上はかかります。

自分の持って行きたいものを次から次へと持ってきます。

中には困るものもたくさん…例えば、しゃもじやバッグ複数など(笑)そして、少しでも本人の意向に背く事をいうとものすごく逆ギレされます。

時には物を投げたり壁を叩いたり。

正直このままで将来大丈夫かな?と心配になるほどでした。

そんな日々が数ヶ月続いて私も毎日イライラしていました。

そんな中ふと気づいたんです。

この子なりに私の真似をしているのだと。

私がリュックを背負うと同じ様に何かを背負うとし、私が忙しくでかける準備をしていると、同じく何かをに追われたように準備をし始めます。

また2歳になりたての頃はまだ話せる言葉も少なかった為自分の思いを伝わらないもどかしさがあった様です。

それに気づいたのはかなり後でした。

話せる言葉が増え出した時に少し落ち着いたのでピークは通り過ぎたのだと感じました。

それから私自身も余裕を持てるように、本人に選択肢を与えるのではなく目の前で決めてもらうことにしました。

例えていうと、朝食はパンとごはんを両方だし自分で選ばせる。

洋服も靴も同様にどちらかを選ばせる様にしたところ上手くいきました。

自分で決めた手前、ごはんも食べてくれるようになりましたし洋服も靴も自分が決めたものなので不機嫌にならないようになりました。

また言葉を少しずつ理解できるようになったので、出かける時に持っていく物はひとつと決め内容は本人の選んだものを持っていくようにしました。

なので、時にはしゃもじの時もあります(笑)ですが、お互いに折り合いをつけれる様になりました。

そして、お昼寝している間にコーヒーとお菓子でひとりでゆっくりティータイムをすることに。

今までは、寝ている間に晩御飯の支度やお風呂掃除や掃除など休む間もなくやっていましたかま、私自身もゆっくりできる時間を作る事でイライラする事もなくなりました。

今から2歳を迎えるママ達、イヤイヤ期は成長過程で避けては通れません。

時にはイライラする事もあります。

ただし、これは成長するにあたって必要なこと。

思う存分いやいやさせてあげてください(笑)ママ達がイライラしてしまうと、それは子供にも伝わり子供もイライラしてしまいます。

ちなみに私の選択肢を与えるのではなく選ばせる方法はオススメですよ。

本人も自分で決める事で上手く行かなくても八つ当たりは少ないです。

そして、今となってはしゃもじにあそこまでこだわるなんてかわいく思える程自分にも余裕がでました。

あと私も子供もイライラしなくて済む様に、ほぼ毎日出かけていました。

公園が多かったですが、ちょっと歩いてスーパーへ行ってみたりしました。

1日家にいるとお互いに息が詰まってしまうので気分転換も大事です。

2歳児の「イヤイヤ期」どうしたらいいの?

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ