夜、まとまって寝てくれるよにする方法

シェアする

スポンサーリンク

0歳児は夜泣きもあり、なかなかまとまって寝てくれません。

月齢が3~4ヶ月になってくれば自然と寝てくれるますが、
そうでない子もいるのが現実です。


夜にまとまって寝てくれないと、お母さんの体力もなかなか復活しませんし、
家事やその他の作業もうまく回っていきません。

あなたの対処方法、工夫、楽しみ方

まずは子供の生活習慣を見直します。

何時に起きて、何時に朝寝、昼寝、お風呂、就寝をしているかをチェックします。
そして、昼間にしっかりと体力を消費させるようにしているか。
まずは朝、8時までには起こします。
朝寝、9~10時には寝かしつけます。
昼寝、11~12時には寝かしつけます。
昼寝後、しっかり散歩します。

→日光に当たっている時間だけ、赤ちゃんは体力を消耗します。

また、車など家の中で見ることができない景色を見せることで、
脳を刺激し、疲れさせることができます。


お風呂8時までには終わらせます。


お風呂後にすぐに寝かしつけます。

これを繰り返すことで、夜に寝る習慣がつきます。


どれだけ昼間の習慣を徹底できるかが重要です。


散歩したりすることで、お母さんのストレス解消にもなるでしょう。


最初は大変かもしれませんが、お昼を活動的にすることを心がけてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク







シェアする

フォローする