子育てに特別な事を考える必要はありません

シェアする

スポンサーリンク

子供と接したり、子供と遊んだりする時に、特別なことをしようなどとは考えていません。

子育ての中で一番苦労しているのが離乳食です。

子供がしたい!と言ってきたことを、一緒にするだけです。

我が子は、サッカー教室に通っています。

そのサッカー教室では、直ぐに他の人にボールを取られてしまう。

と私に悩みを打ち明けてきました。
そこで私は、今度のお休みの日にお父さんとサッカーの練習をしよう!と約束をし、子供と一緒にサッカーをして、お父さんにボールを取られないようにしてね。

と言い、二人でサッカーをしていました。

子供と一緒に何かをしょう。

って考えた場合、どこか遠出をした方がいい、とか、お金をかけて楽しもうなどと、私は考えません。

それは、子供が行きたいと言った時だけです。

ですので、私は子供が悩んでいたことを、しっかりと聞き、それを克服するために一緒にサッカーの練習をしたのです。

子供と一緒に楽しめる。

そして、子供のために役に立つことができたと考えます。

先週は、子供が釣りをしたいと言っていましたので、一緒に田舎に釣りをしに行ってきました。

一本の竿で、エサは私が針に付けてあげ、子供が魚を釣り上げ、その魚を私が針から外してバケツに入れる。

その繰り返しでしたが、子供はすごく喜んでおり、帰宅してから

「お父さん、今日は魚釣りに連れて行ってくれてありがとう。」

なんて言ってくれるのです。

私も、子供と一緒に過ごした時間が大変楽しかったので、私の方も子供に、ありがとうです。

ですので、子供との時間を楽しむには、何か特別なことを考えなくても、子供が一緒にしたいこと、子供がこうなりたいという悩みを打ち明けてくれたら、一緒に克服すること。

一緒に何かをしていると、子供も大人もすごく楽しめる時間を過ごせます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク







シェアする

フォローする