ミミズ、虫好きな息子に困ってます。

シェアする

スポンサーリンク

息子が産まれてからの日課で、毎日犬の散歩にいっています。

一時期は石拾いがブームの息子、ポケットに小さな石をいれていました。ちょうど2歳前後かわいい姿にほほえましく見ていました。そんな息子もどんどん成長しは4歳半になり、ちょうど半年前ぐらいから、虫が彼のブームになりました。

はじめは、雨上がりのミミズを見て気持ち悪がる私をよそに、棒をもって突っついていたのが、きずいたら2本の指でつまんでいるではないですか、「ぎゃー。」悲鳴の私をみて息子はニコニコ。

保育園での外遊びではミミズ博士のようにミミズを集めていて、息子の周りには、目を輝かせてみているお友達、まるで息子はヒーローのようでした笑。

先生に褒められますます得意になる息子、外に出るたび下を見ている息子、虫嫌いの私。少し離れたところから「すごいね」なんて言ってる私 汗。

息子の虫好きは止まることなく、毛虫、ダンゴムシ、バッタ、トンボ色々な虫たちと戯れる息子に頼もしさもおぼえます。

男の子とはこんなものなんでしょね。

旦那は嬉しそうに息子と虫の本をみて楽しんでいたり森にお散歩にいってます。

私も少しずつですか虫に抵抗がなくなってきている今日この頃です。

子供が落ち着きがなくて困ってます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク







シェアする

フォローする