子供の夏休み、さてどう過ごす?

シェアする

スポンサーリンク

小学校は長い夏休みがあります。

学童保育に行っていない子供たちは、その間ほぼ学校に行かず家庭で過ごすことになります。

そのような子供たちは長い夏休み、どのように過ごしていけば良いのかについて、考えてみたいと思います。

まずは英語教室などで開催されているサマースクールに入るというのがお勧めです。

現在小学生向けに多くの英会話スクールがサマースクールを開催しています。

午前中からお昼ごろまでの短時間や、夕方までの一日コースなど多岐に渡って様々なコースが用意されています。

昨今は小学生から英語教育に力を入れる時代になりました。

自由な時間がとりやすい夏休みを利用して、英語の勉強や遊びを学んでみる機会を作ることは、子供にとってとても有意義な時間になると思います。

次に1学期の学習の振り返りと2学習に向けて先行して学習する時間を充分にとるということがお勧めです。

1学期で問題なく学習できていたと思っても、意外にも曖昧だったり理解不足になっている箇所もあるかもしれません。

毎日20分程の時間をとり、じっくりと子供の学習を親が確認することが大切だと思います。

最後に夏休みの自由研究を考える時間を充分にとるということがお勧めです。

必要であれば、博物館や科学館に出向いて、自由研究の題材を集めてみても良いと思います。

以上、夏休みの間家にいる小学生向けの過ごした方についてお話しました。

子供とお金をかけない楽しみ

子供の自由すぎる行動を制御できない。

勉強の習慣をつけるためにできること

夏は海!もいいけど川遊び!

スポンサーリンク
スポンサーリンク







シェアする

フォローする