子供同士のおもちゃの取り合いの解決方法

シェアする

スポンサーリンク

おもちゃの取り合いが始まります。

子どもが長男と次男がいて、どうしても、長男が遊んでいるものを次男も遊びたいので、おもちゃの取り合いが始まってしまいます。

また次男が使っていたものを突然長男が急に取ってしまったりと、次男が泣いています。

もし、長男が遊んでいるものを次男が遊びたくて取ってしまったら、同じものを渡すか別なものを渡して遊ぶこと、次男が遊んでいるときは、そのことを見ていれば、なぜそのことをしてはいけないかを分かりやすいように伝えます。

それでもわからない場合は、同じ事をママがやって実際にどんな気持ちになるのかをわかってもらいます。あまり年齢の差がない兄弟は、喧嘩することやものの取り合いは日常茶飯事です。

なのでまた、やってるなと、大きい気持ちをで見守ってほしいです。

どうしても一緒に遊べなかったら、ママが仲裁に入ります。何度も同じことをして学んでいきます。コツコツ、何度も同じことを言ってあげます。

そうすると、自分でどうしたらいいかを考えることができます。また、その問題になっていることの関連の絵本などを読んであげると、分かりやすくて、たとえもつかえるので、問題が解決出来ると思います。

私も絵本を読んで問題を解決したので、いい方法です。是非使ってみてください。

子供の拾い食いの悩み

男の子二人兄弟は毎日喧嘩が絶えません。

子供が2歳過ぎて大変になってきました。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。