ファストファッションで最大限の着回し術!

シェアする

着回し
スポンサーリンク

会社員でオフィスカジュアルの場合、毎日頭を悩ますのが洋服とバッグ・靴などのコーディネート。

仕事をしている以上、それ相応の着こなしが求められます。

給料が手取り20万円を下回っており、3分の1を家賃、3分の1を貯蓄に回していたため、必然的に、服飾費が不足していました。

しかし金欠に見られたりダサいファッションでは嫌だったので、着こなしを工夫しました。

まず行ったのが、ワードローブをアイテム・色・素材別に棚卸し、表に絵(カラー)と共に書き出すこと。

こうすれば、1年分のワードローブを把握することができます。

次に行うのが、不足しているアイテムや色の抽出とファッション誌を参考に、旬を把握します。

更に、ZARA、MANGO、YOOXなどのサイトで、世界のファッションを勉強。

日本にはない発想で、常に刺激を受けています。

ここで、欲しいアイテムを絞り込んでいきます。

原則、年に2回のセール以外は、服飾品は購入しません。

それまでは、毎日、身に着けた服、バッグ、靴、アクセサリーを、A4の紙に書きつけていきます。

この習慣は、私服だった高校生の頃から欠かしていません。

ここで重要なのが、2週間は同じ服を着ないことと、絶対に同じコーディネートをしないこと、高価な品を1点身に着けること。

一見難しそうですが、必然的にシンプルで上質なアイテムを、長く着まわすようになり、飽きがこないため、心理的にも、他人からの印象も、良い方法だと思います。

最後に、ファストファッションのセールで、欲しかったアイテムをまとめ買いすること。

MANGOなどは、日本より2週間ほど早くセールがスタートするため、要チェックです。

YOOXも、普段手の届かないハイセンスなブランドが、お手頃価格で手に入るため、おすすめです。

毎月服飾品を購入していないため、節約した分、思い切り買い物ができ、ストレス発散できます。

もちろん、購入後は、ワードローブの表に書き足すことを忘れません。

この方法で、「何着持ってるんですか!?」との、後輩からの評価を受けました。

ワークママの時短メイクにはファンデーションはいらない。

メイク前に使える!美顔器ローラーでお顔のマッサージ。

これからの季節はたっぷりの化粧水とUV対策が決め手

ネットと実店舗を上手く利用した買い物方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク







シェアする

フォローする