ネイルの種類とメリット、デメリット

シェアする

ネイルの種類には大きく分けて3種類あります。それぞれの特徴、メリット・デメリットを紹介していきます。

スポンサーリンク

マニキュア(ポリッシュ)

従来からあるネイルカラーです。価格も比較的安く、除光液で簡単に落とせます。そのため気軽にオフでき気分でネイルカラーを変えたりできます。そして色々な道具がいらないので、気軽に行うことができます。

その反面、持ちがあまり良くなく、指先から徐々に剥がれていきます。乾くのにもジェルネイルより時間がかかってしまいます。そして爪の長さ出しや強化はできません。

 ジェルネイル

ジェルは粘液状の合成樹脂でできており、UVライトかLEDライトを当てて固めます。

ジェルネイルはさらに細かくソフトジェルとハードジェルに分かれます。

ネイルサロンで主流なのがソフトジェル。ソフトジェルは柔軟性があり、付け心地が軽いです。逆にハードジェルは強度があり自爪より長さを出したいときなどに使用します。

マニキュアより長持ちします。色の種類も多く、発色も良く、ツヤがある綺麗な爪になります。オフするときは専用のリムーバーで削らずとも簡単に落とせます。マニキュアオフに比べると、時間もかかり爪には負担もかかってしまいます。

 スカルプチャー

スカルプチャーはアクリル樹脂を使って人工爪を作ります。自爪をぎりぎりまで削り、その先に作っていきます。長さが簡単に出せて、自分の好きな形や綺麗な爪の形が作れます。自爪で出来ないようなデザインも楽しめますし、ジェルに比べて強度があります。

ネイルオフするときは除光液では落ちず、オフするにも時間がかかります。

**まとめ**

ネイルをしているとグリーンネイルなど爪の病気になってしまう場合もあります。

日ごろから爪を観察しチェックすることが大切です。

繰り返しネイルをしていると爪に負担もかかりますので、オフの状態で爪を時々休ませてあげるようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク







シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。