粘土は子供から大人まで遊べるホビー

シェアする

娘は幼いころから折り紙・工作・粘土・お絵かきが大好きで、小3になった今でも勉強の終わった後は「今日は何を作ろうかな」と何か作ることばかり考えています。

親にとってすれば、テーブルを汚されるのが嫌だなとか考えてしまうのですが、娘の手先が器用になり、作るのも緻密なものが多くなりました。

スポンサーリンク

一番のお気に入りの粘土は100円ショップなどで売られている粘土。

昔と違って種類が豊富です。

小麦粘土から始まり、軽量粘土、レンガ粘土、ふわふわ粘土、樹脂粘土と手触りも仕上がりも各々に特徴があり、娘は好みに合わせてブレンドしたり、アクリル絵の具なので着色したりと彼女自身で創意工夫して、ママごとで遊ぶ小物やドールなどを作るようになりました。

ドールなどは髪の毛一本一本を丁寧に伸ばして、スカートのひだなどもしっかりつけた洋服なども作ります。

それを見ているうちに、子供にもできるのなら、挑戦してみたいなと感じるようになり、今ではドール作りを母と娘で共通の趣味として遊ぶようになりました。

細かい作業は一見ストレスに感じる方もいるかもしれませんが、集中して作業をしていると無心になるので、嫌なことなどあった時などは指先を動かして作業すると逆に忘れてしまいます。

今では私と娘の重要なコミュニケーションツールの一つです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク







シェアする

フォローする