夏休みの過ごし方 こどもとクッキング(サンドイッチ)

シェアする

スポンサーリンク

夏休み、毎日こどもとどう過ごすか…悩みの種ですよね。

そんな日は、お昼ごはんの支度を子どもと一緒に楽しんでいます。
サンドイッチは手軽でかんたんで、どう作っても必ずおいしい!
子どもにもできるお手伝いがたくさんあります。

  • まずはゆで卵の殻をむく。
  • ゆで卵をフォークでつぶして、マヨネーズで混ぜる。
  • レタスをちぎって洗う。
  • ハムやチーズを型抜きする。
  • 包丁が心配なら、ペティナイフでキュウリや魚肉ソーセージ、チーズをコロコロに切る。
  • コロコロに切れたら、ドレッシングやマヨネーズであえてコロコロサラダに。
  • ウインナーを炒めて、塩コショウ。
  • パンは食パンでもバターロールでもOK。
  • 冷凍の白身魚のフライやハンバーグをレンジでチン。

材料をそろえてあげれば、
こどもたちは自分で好きなようにはさんで食べてくれます。
最近は100均で子ども用のエプロンもあるので
バンダナをあたまにかぶせて、エプロンをさせれば、
すっかりママ気分ではりきってお手伝いしてくれます。
そうそう、ペティナイフも心配な年齢なら、食事用のカトラリーのナイフでも
けっこう野菜が切れます。

ママの分もお願い!なんて言おうものなら
すばらしくアートなサンドイッチを作ってくれますよ!おすすめです。

使った後の折り紙…捨てるよりメンコにリメイクしよう

スポンサーリンク
スポンサーリンク







シェアする

フォローする