しんどくなる前に風邪予防!

シェアする

一年中付きまとう風邪。一言で風邪といってもさまざまな種類があります。ひどくなる前に少しでも風邪をひかない様に簡単にできる予防や対策を紹介します。

スポンサーリンク

マスク

風邪がりゅうこうしていると、感染したくないとマスクをつけますよね。細かい異物やホコリが体内に侵入してくることが防げます。風邪などの細菌やウイルスはとても小さいのでマスクをしていれば必ずしも大丈夫という訳ではありませんが、喉の保湿に最適です。睡眠時など口呼吸になって喉が乾燥しやすくなるのを防げます。

手洗い、うがい

一見綺麗に見えても、ドアノブやお金、様々なところに細菌やウイルスは付着しています。外へ出ると飛沫感染などもありますので、知らず知らずのうちに感染しているかもしれません。そのため学校や会社、自宅などできる場所では可能なだけ手洗いうがいをしましょう。ちなみに水だけでの手洗いはあまり意味がようです。手洗いする場合は石鹸を使い、洗いのこしがないようにしましょう。うがいは喉の奥までガラガラときちんとしましょう。

睡眠

睡眠時に風邪をひく方が多いようですが、それは睡眠時は免疫力が低下するからです。空気が乾燥しないように寝室に加湿器を置きましょう。もし加湿器がなければ、洗濯物などを干して湿度をあげましょう。そして先ほどもあげましたマスク。あと睡眠不足はもってのほか!十分に睡眠時間を取りましょう。

食事と運動

基本的に栄養バランスの取れた食事を行うことが大切です。体を冷やさないあたたかメニューを選ぶことも大切です。適度な運動も免疫力をあげるためには必要です。特に有酸素運動が最適です。寒い季節は億劫になりがちですが、軽いウォーキングなどをお勧めします。
ちなみに緑茶にはカテキンが含まれており、殺菌作用があるので日常的に飲むのも良いかと思います。

水分補給

寒くなると喉が渇きにくいので水分をあまり取りませんよね。しかし、細菌やウイルスが鼻や喉、器官や粘膜に付着するため、こまめに水分補給をすることが大切なのです。

入浴

湯船に入って体を十分にあたためましょう。体温をが少しでも高くなると免疫力も少しは上がります。自分が心地好いと思える温かさでゆっくり浸かりましょう。

人混みを避ける

風邪などが流行している季節は出来るだけ人混みを避けましょう。マスクを着用していない方や、くしゃみや咳などを口に手をあてずにされる方もおり、飛沫感染する可能性が高いからです。

日頃からできる簡単なことばかりです。風邪をひくとしんどく、長引く場合もあるので、できることから少しずつ実行していきましょう。ストレスを貯めない程度に。

雪道での運転には気をつけて!

スポンサーリンク
スポンサーリンク







シェアする

フォローする