お顔のパックで普段のケアをレベルアップさせました

シェアする

スポンサーリンク

20歳のころまでは肌にトラブルなども特になく、何を気にすることもなく、適当な化粧水を塗って、適当な乳液を一応つけている状態でした。

しかし、22.3歳のころになって、ふと鏡を見たときにそばかすや小ジワが少し増えたことに気がつきました

そのときはショックでした…笑

そこからこのままではだめだ、と思い、色々な方に話を聞くと、
無理に高いものを買ってケチケチ使うよりも多少安くてもいいから贅沢にたっぷり使うといいよと教えていただいたので、まずはそこから始めました。

手のひらいっぱいに化粧水を出してつける作業を3回はするようになりそれを毎日続けていると以前より肌のしっとり加減が変わりました。

でも年齢も重ねてくるとやっぱり乾燥などが気になるな、と思い、もう一つ頑張り始めたことがお顔のパックです。

いつもどうり化粧水、乳液をつけた後に、お顔のパックをして、シリコンマスクをその上からつけます。

そしてその間にドライヤーをするのです。
シリコンマスクを付けているのでパックも乾きませんし、温かい風があたることでお肌への浸透性も高めることができます。

今まではドライヤーが終わった後に顔が少し乾いて突っ張った感じがありましたが、それもなくなり今では毎日化粧ノリもよく助かっています。

メイクファンタジスタ。好きなことを自由に楽しむ!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク







シェアする

フォローする