オカメインコと暮らす

シェアする

スポンサーリンク

まるでお化粧したかのようなチャーミングなほっぺた、ハードロッカーのような頭(髪型?)をしていてとても愛くるしい鳥です。

そんな見た目だけでなく、慣れると人懐っこくスキンシップなども可能です。

そばに行くと寄ってきて撫でてやると頭をスリスリしてきたり目を細めたり・・そんな姿がとても愛らしく癒やされる事間違いなしです。

ただオカメインコを飼育していくと気になるのが鳴き声です。

特にオカメインコのオスともなるとかなり大音量の高い鳴き声で鳴きます。

オカメインコは穏やかな反面、寂しがりの所があり、誰も居なくなると鳴き始める事があります。

これはこれで可愛いのですが・・また、臆病なところもあり、オカメパニックといって何かの物音にびっくりしたり地震など異変に対してパニック状態になることがあって、ごくたまにバタバタと暴れまわる事がありました。

そんなときは声をかけたりして居てあげると落ち着きだしていました。

ゲージの中でだとまだいいのですが、ゲージの外に出している時に暴れてしまうと大変です。

怪我をしかねないので物にぶつかってしまわないよう注意が必要でした。

オカメインコはそういう臆病なところがあるのでリビングに場所を移すとそういったことも減っていたように思います。

普段自然に物音がしてなれやすい環境と家族の集まりやすい所にいる事で安心感がでるのかもしれません。

オカメインコを飼うならおすすめとしては若めのインコから飼い始めるといいと思います。

雛からでなくても元々性質的に人懐っこいので慣れやすいです。

あと体はあまり丈夫ではないのもあって雛のときからだとなかなか難しいです。

あとマンションやアパートなどで飼われる方などは特に鳴き声など気になる場合、若干個体差もあるとは思いますがおとなしめのメスのオカメインコさんをおすすめします。

また、先程にもふれたオカメパニックのようなこともあったりするのでゲージも大きめのものがおすすめです。

飼い始める時はそれまで食べていた餌などもどんなものを食べていたかなどを確認することも必要です。

繊細なので知らない所に来て急に餌まで変わってしまうと体調も崩してしまうといったことにもなりかねないので事前調べをして優しく迎え入れられる環境作りが必要かと思います。

ポメラニアンの魅力と困ったところ

スポンサーリンク
スポンサーリンク







シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。